キャンパスライフ

パティシエ科の生徒には、「お菓子作りを通して周りの人を幸せにしよう!」と声をかけて指導しています!

年間行事

「入学式」 (in常盤学園) 4月11日

 期待に胸ふくらませ「パティシエの卵」が入学してきました。「将来お店をもちたい」「パン屋さんに就職したい」「海外へ修業にいきたい」など、目標は様々です。

世界に通用するパティシエを育てていきたいですね。 

「オリエンテーション」 4月12日

 毎年、入学後の翌日からオリエンテーションを実施しています。学生生活を充実させるため、各科のカリキュラム、学則などを詳しく説明する日です。

 本校教育の理念でもある「世に立つ技」を身につけるため、これから1年間学習していきます。同じ志をもった学生同士、協力して頑張ってくれることを期待しています。アットホームなクラス運営で、みなさん学校生活を楽しんでいるようです。

洋菓子コンテスト見学 (in熊本製粉) 4月23日

張り詰めた空気の中、2時間半の制限時間で作品を作り上げる選手の方々。すばらしい作品が出来上がっていました。見学している生徒にも緊張感が伝わってきて、真剣に見入ってました。将来、ここに出場できるパティシエになってほしいです。

「菓子店調査」 5月のGWまで

 お菓子業界への知識・理解を深めるため、興味があるお菓子屋さん・パン屋さん・和菓子屋さんを3店舗調査してもらいます。調査をしていく中で将来働きたいお店が見つかれば、夏休みの「校外実習」として学校からお店に依頼し、就職活動へと展開していきます。就職率100%のパティシエ科は、地元就職への強みがあります。

飾り絞り競技大会 6月10日

 「時の記念日」には、技術競技大会を行います。「ナッペ」といわれるケーキのデコレーション技術とその出来栄えを競う大会が行われます。洋菓子店では基本中の基本であり、最低限必要とされる技術です。時間は10分間、日頃見られない、集中した表情が見られます。このようなコンテストを通して、技術の向上をはかっています。  

総合展示会見学 (in グランメッセ) 7月

 最新の機材、原料の見学、世界大会出場者の実演など製菓業界の現状を学習するため、総合展に参加します。有名パティシエの技術を目の当りにすることができます。

業者さんからラッピングや容器のサンプル商品を頂いたり、試食コーナーもあり、学生にとっては思い出に残るイベントです。将来、自分のお店を開く時には、この経験がきっと役に立つことでしょう。

特別講義のシュガークラフト(松岡先生) 7月

 工芸菓子であるシュガークラフトで活躍する講師を迎え、卓越したシュガークラフトおよびアイシング技術による実技指導を受けました。シュガークラフトとの出会いやシュガーアーティスト、パティシエ、ショップオーナー、教室講師として成功するに至った経緯を伺い、パティシエやオーナーとして必要とされる資質についても学習した。

校外実習に向けて 夏休み期間 8月1日~31日

 県内のお菓子屋さん、一流ホテルにて、1週間の現場体験を行い、教育熱心なオーナーさんや一流パティシエさんから鍛えていただきます。

 学生の多くが「仕事はきつかったけど、楽しかった」という感想を述べます。これからの就職活動に向けて、プラスになる職場体験が出来ています。県内の製菓店及び、ホテル関係者の皆様、これからもご協力よろしくおねがいします。

秋休み  9月21日~30日

 パティシエ科は前期・後期制であり、9月の後半に秋休みが入ります。就職活動や補習など、学生たちは充実した日々を送っていることと思います。また、新学期から元気に登校してくれることでしょう。

熊本県技能祭  10月1日~2日

 1.販売を経験することにより、製菓衛生師としての職業意識を向上させる。

 2.接客など必要な態度を学び、今後の学習に生かすことを目的に参加をしました。

 予定どおり、準備していたお菓子は全部売り切れました。生徒たちは販売以外の時間に他のブースを見てまわったり、体験コーナーへ行ったり、たっぷり楽しんでいました。

学園祭  11月

 展示作品の部では、来校者100名に投票していただき「最優秀作品」を選出します。

 グループに分かれて、原価計算から製造、販売まで行い、「どこの班のお菓子(200個)が早く売りきれるか?」という販売競争も行いました。

1位は「チョコラスク」で2日目のお昼頃売り切れてしまいました。続いて「スノーボール」や「リーフパイ」も僅差で完売しました。惜しくも売り切ることができなかった班もその原因を検証、反省しました。パティシエ科としては、初めての試みでしたがとても勉強になったようでした。

米粉スイーツコンテスト  11月30日

 パティシエ科では、米粉の普及による需要拡大と学生の技術向上を目的に「米粉を使ったスイーツコンテスト」を開催しました。審査委員には「熊本県菓子工業組合理事長の堤公一様」をお迎えしました。作品の中には「これならお店に出せる」という評価をいただいたものもあり、学生たちも意欲的に取り組むことができました。最優秀賞は「野菜チーズタルト」、優秀賞は「キャラメルムースロール」でした。

 

テーブルマナー(in 全日空ホテルニュースカイ) 平成23年1月27日

送別行事として、今年もテーブルマナーを調理師養成科と合同で開催しました。一流のホテルということもあって、最初は緊張した面持ちでしたが、次第に笑顔がみられるようになりました。良い思い出作りになったようです。



▲ページトップに戻る