講師紹介

和菓子

堤 公一(つつみこういち)

・大盛堂 代表取締役

・熊本県菓子工業組合 理事長

・全国菓子連合会 理事

<講師からのメッセージ> 学校では自分達で材料を計量し、自分達の手でいろいろなお菓子を作ります。実習の中で、計量の大切さや、作り方のポイントを交え、「将来自分の店を持つ」という大きな目標を目指してほしいと思います。手に職を持つ技術を学ぶ事の大切さを知り、作る楽しさをいつまでも持ち続けられるように、授業を通じて伝えることができっればと思っています。

 

洋菓子

磯崎 啓介 (いそざき けいすけ)

(株)お菓子の香梅 製造技術顧問
 熊本県洋菓子協会 会長
<講師からのメッセージ> 「何事も手に職を持つ」を目標にして「自分のお店を持つ」という夢を夢で終わらせるのではなく、実現しなければなりません。そのためにはお菓子作りが楽しいと一生言える自分を宝にして、くじけず、日々努力しましょう。若いときに楽をするか?年を取って楽をするか?自分の行動をよく考え行動して下さい。技術は学ぶことが大事ですが、目で技術を学ぶことが大切です 。自分のレシピを作り、自分だけの宝にして学校では作る楽しさを目で体で味で覚えて頑張って下さい。

製パン

武藤 欣弥 (むとう きんや)

製パン技能士1級

<講師からのメッセージ>  「夢を持つこと」
 夢を持つことは人生に目標ができることです。この目標に向かって出来る事か学んでいき、その過程では何度も壁にぶつかったり、挫折しそうになることもあるでしょう。心配はいりません。誰もが簡単に夢をかなえることはありません。それに向かう過程での努力や忍耐が、人生において大事なことです。さあ今日から夢を持ち、その目標に向かって、いろんな事をたくさん学んでほしいと思います。



▲ページトップに戻る