調理師養成科のここがスゴイ

1.実践的な授業で技術習得

技術は理屈ではなく、実際の『訓練』によってのみ習得されるものです。
その為、毎日2時間調理実習があり、和食・洋食・中華・総合調理と、各ジャンルのプロの講師陣の指導の下、技術を学べます。
また、後期には寿司、手打ちそばの実習も行われ、調理現場から講師を招き、実践的指導を受けます。

2.年齢に関係なく学べる

調理師養成科では、幅広い人材を受け入れています。
社会人経験のある方が、若い人たちに混じって学ぶ事に不安を感じられる事もあるかと思います。しかし近年、大卒・社会人の入学も増加し、平成20年度は15歳から65歳迄と幅広い年齢の学生が、同じ条件で変わりなく授業を受け、技術・知識を学んでいます。
色んな経験をつんだ個人が集る事で、かえってお互いに刺激となっている様です。
学ぶことに早い・遅いはありません。学びたいと感じた今を大事にしていきます。

3.短期間で国家資格取得できる

調理師免許取得の為には、現場経験を2年積み、国家試験に合格しなければいけません。
しかし、調理師養成科では調理師になる為に必要な知識・技術を集中的に学ぶ事が出来る為、1年で卒業と同時に国家試験免除で調理師免許を取得できます。



▲ページトップに戻る