Q&A

Question&Answer

これから始まる学生生活についてお答えいたします。

免許・資格のこと

Q.調理師の主な資格は?

A

資格名 受験資格
調理師免許
(国家資格)
 実務経験2年が必要
 
専門調理師称号
調理技能士

(厚生労働大臣)
 
 実務経験6年が必要
取得すると→調理師養成施設指導者・料理学校指導者になれる
製菓衛生師  実務経験2年が必要
(洋菓子技術者・和菓子技術者・製パン技術者)
 
ふぐ処理師  ふぐ処理の実務経験1年が必要


Q.調理師養成科でとれる資格は?

調理師免許(国家資格)

国家試験免除。1年間で単位を取得し、卒業と同時に取得できます。
※通常は実務経験2年を経て、調理師試験に合格する事が必要です。

専門調理師試験学科免除

調理師の上位資格で専門調理師・調理技能士(国家資格)があります。資格試験は、6年の実務経験後、学科試験・実技試験が行われますが、在学中に行われる『技術考査』に合格すると、学科試験の全てが免除されます。この技術考査は調理師養成施設卒業者のみの特例です。
※都道府県知事の行う調理師試験に合格して調理師免許を受けた者は、実務経験が8年以上必要です。

ふぐ処理師受験資格

在学中に資格試験の受験も可能
(但し、18才以上。通常はふぐ調理の実務経験が1年必要)

食育インストラクター

在学中に必要な講義を受講し、筆記試験に合格すると取得できます。食育への注目度、期待度は今後増すばかり。学校や保育園、地方自治体、食品関連会社、病院、福祉施設、保健所など、食育インストラクターの活躍の場は幅広くさまざまで、就職にも有利に働きます。


学校生活のこと

Q. 包丁を持ったこともないのですが、授業についていけますか?

A

入学希望者で包丁を持ったことがない人、使ったことがあっても我流で使いこなせていない人等様々です。包丁を持ったことがない人でも、調理器具や食材の特徴や扱い方、例えば包丁なら種類や特徴、研ぎ方等基本から丁寧に指導していきます。大事なのは、『料理に興味がある』、『おいしい料理が作りたい』というその気持ちです。

 

Q. 校則などはありますか?ヘアスタイルなどは厳しい?

A

調理師をめざすあなたは社会人候補生。調理師にとってもっとも大切なのは「清潔さ」です。そのため、ピアス等のアクセサリー、香水、頭髪の染色等は禁止しています。ただし、同じく社会人の身だしなみという点で女子のメークはナチュラルなものに限り許可しています。 

就職のこと

Q. どんなところに就職できるのですか?自分の店を持つことも出来るのですか?

A

本校は即戦力の人材を育てる学校です。ホテルや専門料理店、学校や病院の給食、製菓・製パンなど、県内外から海外にまで求人が及んでいます。卒業生が各方面で活躍しており、自分のお店を持っておられる先輩たちもたくさんいらっしゃいます。

Q. 調理業界に就職するのか迷っています。それでも大丈夫ですか?

A

大丈夫です。1年間通学しながら、将来の方向性を定めていく学生もいます。和食、中華、洋食、寿司、麺、集団調理、製菓、実習を通して、自分に合った将来の道を探して下さい。

社会人のこと

Q. 社会人経験がありますが、入学できますか?

A

入学資格を満たしていれば入学できます。実際に、調理師養成科の在学生は年齢層も幅広く、貴重な社会人経験はこれからの仕事にも必ず役に立つものと思います。やる気と情熱のある社会人の方々の入学をお待ちしています。

Q. 50代でも、入学できますか?

A

65歳の定年後、第2の人生として入学される方もいらっしゃいます。社会人の方々も高校卒業(18歳)の学生と一緒に、充実した学校生活を送っておられます。卒業時には、満足して卒業していかれます。

お金のこと

Q. 親に負担を少なくする為に、アルバイトをしたいのですが?

A

認めていますが、あくまでも学業優先であり、深夜に及ぶアルバイトは許可しません。自分の進路開拓や、現場を知ることも出来ますので、多くの生徒がアルバイトを頑張っています。

 

Q. 自宅が遠くて通学出来ません。寮はありますか?

A

寮はありませんが、レオパレスやドーミーイン、アズマシティ開発などの企業が、住まい探しについて、きめ細やかなサポートをしてくれます。

 

Q.学割は使えるのですか?

A

各種交通機関の学割が利用できます。通学はもちろん、帰省や旅行、文化施設などでも大いに利用してください。

 



▲ページトップに戻る