【11/15(土)・16(日)】 「くまもと おいし菓フェスタ」にて米粉甲子園選抜作品展示!

 11月15日・16日に熊本製粉で行われた「くまもと おいし菓フェスタ」会場にて、「くまもと米粉甲子園」予選通過作品の展示が行われ、本校から生徒2名のアイデアが選抜され、試作品として展示されました!また16日の熊本日日新聞朝刊では、記事として掲載されました!

会場内の米粉甲子園のコーナーでは、「熊本県洋菓子協会」「熊本県菓子工業組合」「熊本県パン共同組合」の各企業(和洋菓子店・製パン店等)が商品化する候補作品として選抜した13作品が展示されました。

 本校でも熊本県主催の米粉コンテストには毎年多くの生徒たちがチャレンジしており、大変良い結果を残しています。 (2013年、2014年の様子は → こちら )

 本年度も、調理科、調理師養成科、パティシエ科から生徒たちが米粉を使い米粉の良さを生かしたアイデアレシピを考案し、応募しました。

その結果、パティシエ科 東原志帆さんのアイデア「米粉の黒糖どら焼き」「大盛堂」様が試作され、商品化候補作品として展示されました。

 また、パティシエ科 岸寛さんのアイデア「米粉チュロス」「メゾン・ド・キタガワ」様が試作され、商品化候補作品として展示さました。

 今後は、さらなる商品化の検討が進められ、全候補作品18点の中から、数点が商品として販売され、グルメ・イベント情報サイト「ひごなび」内での人気投票を経て、グランプリが決定するそうです。

 選んでいただいた作品のアイデアを応募した生徒たちと、良い結果を楽しみに待ちたいと思います!



▲ページトップに戻る